お問い合わせ

ほしあかり

ほしあかりHOSHIAKARIPVP

黒斑病、黒星病複合抵抗性で減農薬栽培が期待できる中生最新品種。

  • 生産販売権取得
熟期 栽培性 受粉
中生 やや易 必要
山梨台
1年特苗

3,240

山梨台
1年上苗

3,024

来歴
農研機構果樹研究所が「314-2(「巾着」×「豊水」)」×「あきあかり」を交配育成し、平成27年に種苗法品種登録を取得した中生最新品種である。
果実
果重は400g程度の大果で、果形は広楕円形、果色は黄赤褐色で、中程度の大きさの果点がやや粗く分布し、有蒂果の割合は少ない。果肉は黄白色で「幸水」より軟らかくやや緻密で果汁が多い。甘味は「幸水」、「豊水」よりやや多く、pH は「幸水」と同程度である。日持ち性は「豊水」と同程度である。
熟期
「幸水」と「豊水」の間で、福島市で9月上中旬頃の収穫と思われる。
樹性
樹勢は弱く樹姿は立性、短果枝の着生は多く、腋花芽の着生はやや多い。開花期は「豊水」より若干早く、若木での収量は「幸水」より低いと判断される。黒斑病と黒星病に対し共に抵抗性を示す

日本梨一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら