お問い合わせ

さえふじ

さえふじSAEFUJI

雄花の着生が非常に多く、渋柿「蜂屋」への授粉樹として注目されています。

熟期 栽培性 受粉
晩生 容易 必要
共台
1年特苗

1,404

共台
1年上苗

1,296

来歴
岐阜県原産と言われる甘柿であるが、雄花が多く授粉用として注目されている。
果実
果重は180〜200g位のやや小果、果形は長宝珠形である。果肉は褐斑(ゴマ状)が多くやや粗であるが、果汁多く甘味の多い品種である。
熟期
福島市では「松本早生富有」よりやや遅い11月上旬頃からと思われる。
樹性
樹勢は強く直立性、単為結果性はやや強く結実は良好であるが、種子が4粒以上入らないと渋味が残るので、授粉樹の混植が必要である。また、雄花の着生が多く、他品種への授粉用に適し、特に「蜂屋」への授粉樹として最適である。

甘柿一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら