お問い合わせ

紅きらり

紅きらり(べにきらり)BENIKIRARIPVP

大果で食味良く、授粉樹なしで自家結実する画期的な最新品種です。

−(株)天香園取次販売−

  • 取次販売
熟期 栽培性 受粉
中生 中位 不要
フリー苗青葉桜台
1年特苗

3,780

来歴
山形県農業総合研究センターが「レーニア」×「コンパクトステラ」を交配育成し平成20年に種苗法品種登録を取得した最新品種で、公的機関で育成された初めての自家和合性品種である。
果実
果重は8〜9g位の大果で、果形は心臓形、果皮は鮮やかな赤色に着色して美しい。肉質は「佐藤錦」よりやや粗いが、やや硬く締まり果汁が多く、糖度18〜19度と高く酸味少なく、食味が良好である。また、半離核で果肉の核離れが良いのが特徴で食べやすい。
熟期
福島市で「佐藤錦」と同時期かやや遅い6月中旬頃からと思われる。
樹性
樹勢は中〜やや強く、枝梢の発生はやや少ない。開花期は「佐藤錦」より1〜2日早い。自家結実するため授粉樹は不要で1本でも結実し、主要品種への授粉樹としても適する。

サクランボ一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら