お問い合わせ

南高

南高(なんこう)NANKO

和歌山県中心に全国で栽培され、「白加賀」に並ぶ主要品種です。

熟期 栽培性 受粉
晩生 容易 必要
共(梅)台
1年特苗

1,512

共(梅)台
1年上苗

1,404

来歴
和歌山県の高田貞楠氏が「内田梅」の自然交雑実生から育成した品種である。
特性
果重は20〜30g位で、果形は楕円形、果皮は濃緑黄色で陽光面はいくらか紅色に着色する。品質が良く梅漬け(梅干)・梅酒に優れる。福島市の収穫期は6月下旬頃で、樹勢は強く樹姿は開張性で、結実が良く生理落果は少なく豊産性である。花粉は多いが自家結実性は弱く、授粉樹「八郎」等を混植する。

梅一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら