お問い合わせ

白加賀

白加賀(しろかが)SHIROKAGA

耐寒性が優れ、東日本地帯では主要品種の座を占める優良品種です。

熟期 栽培性 受粉
晩生 容易 必要
共(梅)台
1年特苗

1,404

共(梅)台
1年上苗

1,296

来歴
古い品種で、江戸時代から「加賀白梅」の名で栽培された品種と推定される。
特性
果重は25〜35g位で、果形は長球形、果皮は淡緑黄色で陽光面の着色は少ない。果肉は厚く品質が優れて、梅漬け(梅干)・梅酒に適している。福島市の収穫期は6月下旬頃である。樹勢は強く、樹姿は開張性で、短果枝の着生は良い。花粉は少なく自家結実性が弱いので、授粉樹「八郎・南高」等を混植する。

梅一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら