お問い合わせ

貴陽

貴陽(きよう)KIYO

超大果でありながら食味が極めて優れており、市場性の高い有望な新品種です。

熟期 栽培性 受粉
中晩 中位 必要
共台
1年特苗

2,160

共台
1年上苗

1,944

来歴
山梨県の高石鷹雄氏の育成で、平成8年に種苗法品種登録(平成21年中途取消)された。
特性
果重は200g位で最大果は300gを超える。果形は円形、果皮は黄緑色地に紅色の着色して果粉が多い。果肉は淡黄色でやや軟く果汁は多く、甘味が多く酸味少なく、食味は大変良好である。福島市の熟期は「ソルダム」より遅く8月上〜中旬頃と思われる。自家結実性は弱いので、授粉樹に「ハリウッド」等を混植する。

日本スモモ一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら