お問い合わせ

ひなのたき

ひなのたきHINANOTAKIPVP

枝垂れ性で花は八重咲き、生食できる観賞用の花モモ新品種。

  • 生産販売権取得
熟期 栽培性 受粉
中生 中位 不要
おはつ桃台
1年特苗

2,160

おはつ桃台
1年上苗

1,944

来歴
農研機構果樹研究所が、枝垂れ性遺伝子を持つ個体「G−62−8」を自殖交配し、平成22年に種苗法品種登録を取得した、生食可能な観賞用新品種である。
果実
果重は150g位でやや小さく、果形は卵円形、果皮の地色は黄色に中程度の着色でやや果点が目立つ。果肉は黄色、肉質は半不溶質で、繊維や果肉褐変は少ない。糖度は9〜10度とやや少ないが酸味が少なく生食できる。花は八重咲きで大きく花径は45〜50㎜程度になる。花弁数は40枚前後で多く花色は桃色で波打つ。
熟期
「あかつき」と同時期で、福島市では8月上旬頃の収穫と思われる。
樹性
樹姿は枝垂れ性で枝は下垂する。樹の大きさはやや小さいが樹勢は強い。

花モモ一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら