お問い合わせ

まどか

まどかMADOKAR

味良く、大玉で外観の良い中晩生の新品種です。

−(株)イシドウ取次販売−

  • 取次販売
熟期 栽培性 受粉
中晩 やや易 不要
富士野生桃台
1年特苗

1,760

来歴
山形県の㈱イシドウが「大玉あかつき」の自然交雑実生から選抜育成した中晩生種である。本種は着色先行型なので適熟期の収穫に努める。
果実
果重は300〜350g位の大果で玉揃いが良く、果形は扁円形、果皮の着色は良く、ほぼ全面が濃紅色になる。肉質は「あかつき」よりやや硬く緻密で果汁が多く、甘味が強く食味良好である。核割れと裂果は殆どなく、日持ち性も良好である。
熟期
「あかつき」より10日位遅く、福島市では8月中〜下旬頃である。
樹性
樹姿は中位、花芽の着生良く花粉は多く豊産性である。

桃一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら