お問い合わせ

黄ららのきわみ

黄ららのきわみ(きららのきわみ)KIRARANOKIWAMIPVP

極晩生の黄肉品種の中では、ずば抜けた品質をもつ待望の革新品種です。

  • 総発売元
熟期 栽培性 受粉
極晩 中位 必要
おはつ桃台
1年特苗

2,700

筑波4号台
1年特苗

2,700

来歴
福島県の斎藤賢一氏が「川中島白桃」×「ゆうぞら」を交配育成し平成19年に当社が種苗法品種登録を取得した極晩生の黄肉種で、ずば抜けた品質を有している。
果実
果重は350~400g位と大きく、果皮は黄色地に中位の着色をして美しく見映えのする外観である。果肉は黄色で紅色素は少なく、肉質は極めて良く溶質で、繊維少なく緻密で果汁多く糖度は14~17度位と甘味が強く微酸で香りがあり、品質と食味が極めて優れている。核割れは少なく、日持ち性も良好である。有袋栽培を前提として、美しい黄色の外観の特徴を生かした販売が有利である。
熟期
「黄貴妃・あぶくま」より遅く、福島市では9月中旬~下旬頃の収穫と思われる。
樹性
樹姿は開張で樹勢はやや強く、花粉が無く授粉樹を要する。

桃一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら