お問い合わせ

だて白桃

だて白桃(だてはくとう)DATE HAKUTO

極晩生種の中では、“味の良い”優良品種です。

  • 総発売元
熟期 栽培性 受粉
極晩 中位 不要
おはつ桃台
1年特苗

1,728

おはつ桃台
1年上苗

1,512

来歴
福島県の菅野正光氏が「白鳳」の偶発実生を育成した極晩生の白桃種である。
果実
果重は330~380g位の大果で、果形は円形、果皮は濃紅色に着色して外観が良い。
果肉はやや硬くやや粗であるが、多汁で甘味多く酸味少なく、収穫後に追熟すると溶質になり食味はさらに良くなり、この時期の桃としては品質良好である。
熟期
福島市では9月中~下旬頃で、日持ち性は良好である。
樹性
樹勢は中位、樹姿はやや開張性で、花粉多く豊産性である。

桃一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら